スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

増税について

新元号が発表されました「令和(れいわ)」だそうです。

初め聞いた時は不思議な感じでしたが、だんだんとしっくりきました。

その他の候補の元号も発表されましたが、令和がダントツで良いとおもいました。

 

さて、現在ムラジ建設では着工中の新築社屋、東山にある大規模リフォームがあります。

そして、僕が今担当している義理の弟の新築、そして自分の家(大規模リフォーム)があります。

そのほかもいくつかプランニングしてる物件があり、忙しいくさせて頂いてます。

 

今年の10月から消費税が8%〜10%に増税になります。

108円→110円。

1080円→1100円。

10,800円→11,000円。

108,000円→110,000円。

1,080,000円→1,100,000円。

10,800,000円→11,000,000円。

では建物価格が2000万の場合。

21,600,000万→22,000,000万円

 

内容にもよりますが新築で2000万の建物価格の家を建てると増税前と増税後では同じ物でも40万の差額が発生します。

でも3月までに平成31年の3月末までに請負契約してれば10月過ぎても8%のままです。

また令和元年9月末までに竣工した場合も8%のままです。

 

普通に考えると「どうせ家を建てるなら9月までに完成したい!」って思うとおもいます。

実は国も滑り込み受注の懸念して、いくつかメリットを発表してます。

増税後の場合

1 すまい給付金が最大30→50万(所得に応じる)

2 住宅ローン減税が10年→13年に延長

3 エコポイント(正式な活用方法はまだ発表されていない)

 

そのほかにもいくつかありますが分かりやすいのがこの3点ですね。

エコポイントは補助金を活用してる人にはもらえないらしい。

 

僕の個人的な意見ですが2000万の家をベースで考えると増税前より増税後のほうがお得かと思います。

しかし、そっちのほうがお得だから我慢して増税後にするのは少し違うとおもいます。

その間の住んでる場所の維持費がかかるから。

 

じゃーどっちがいいの?ってなると

「買いたい時が買換えどきー」

つまり増税前でも増税後でもどっちも正しい

と思います。

家を建てる事は大きな買い物なのでそれぞれがしっかり勉強しなくちゃいけないです。自分もふくめて。

 

スポンサーサイト

コメント